インターネット広告の、用語の面白さ。

インターネット広告って、実に様々な用語があって面白いですよね。例えばアフィリエイト広告は有名ですが、知らないっていう人も多いと思います。でもネットをやっている全員がアフィリエイト広告という言葉を知っていたら、すごく困りますよね。ただのリンクやバナーだと思ってもらわないと、クリックしてもらえない場合も多いですからね、アフィリエイト広告だという言葉が分からない方が、アフィリエイターにとってはありがたいんです。逆にバナー広告なんかは、誰でも知っているインターネット広告だと思います。これは多くの人に、インターネット広告だということが分かると思います。アフィリエイト広告とバナー広告の違いは、知っている人と知らない人の差が激しいことだと思います。そして最近はリッチメディア広告という、新しい用語も見受けられます。これはテキストや静止画だけでなく、動画や音声などデータ量の多い技術を利用したインターネット広告なんです。豊かな表現ができるので、すごくうまいネーミングだなって思いますね。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月17日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告の用語をいくつか紹介します。」です。

次のブログ記事は「インターネット広告の用語って知ってますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。