インターネット広告の用語について

インターネット広告においていろいろな専門用語が使われています。はじめて聞く人ならなんのことかさっぱりわかりません。インターネットの世界ではほとんど場合が英語や記号で表現されることが多く、日本語による用語はほとんどないと言っていいと思います。そんなインターネット広告用語でよく聞いたことがあるのは「アフィリエイト」という言葉です。よくいろいろなサイトで、サイトの趣旨とは関係なくいろいろな広告を見かけます。車や美容、サプリ、健康食品、スポーツ用品、保険、スイーツなどなどありとあらゆるものが広告になっています。その広告をクリックすると、運営会社や販売サイトへリンクして、そこから品物を購入したりサービスを申し込んだ時に、広告を貼っているサイトの運営者にマージンが入る仕組みです。今ではほとんどのサイトが利用していて、インターネット業界のお金の流れの主流になっています。ブログや個人サイトやメールなどにも広告を貼ることができるので、いつか自分もアフィリエイトで稼げるようになればいいと思っていますが現実は難しいです。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年2月26日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告で納得のいく商品を」です。

次のブログ記事は「インターネット広告というの今までの広告と違います」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。