2010年3月アーカイブ

数あるインターネット広告用語の中でも最も有名なのは、やはりアフィリエイトの成否を分けるポイントとなる「SEO」でしょう。

ちなみにこのSEOとは、サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫する行為全般を指す用語であり、そのための技術やサービスの総称でもあります。サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定しています。当然この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、自サイトへの訪問者数も自然と増えるので企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う訳です。

具体的なSEOの手法の一例としては、ターゲットにするキーワードの適切な選択やページ内でのキーワードの適切な使用、そしてより多くのサイトにリンクしてもらうといった手段が代表的なモノです。しかしサーチエンジンのランク付けのアルゴリズムは年々高度化が進むうえに、頻繁に変更が行われていますから結局は地道に衛星サイトを作成し自サイトへ被リンクを向け、また、自サイト側ではコンテンツを充実させて認知を広げていく事が最も有効かつ確実なSEO対策と言えるようです。

インターネット広告が新聞広告費を超えた!

リリースされた「2009年日本の広告費」によりますと、2009年の総広告費は前年比11.5%減の5兆9,222億円。インターネット広告費は前年比1.2%増の7,069億円。新聞広告費は前年比18.6%減の6,739億円となり、インターネット広告費に抜かれた。

インターネット広告とは、インターネット上のWebサイトやEメールに掲載される広告の総称。
広告画像や動画、テキストなどから広告主のサイトなどにリンクし、移動することが可能となっています。

インターネット広告の種類は、インターネット広告には様々な種類があり、それぞれリーチできる範囲や接するユーザーの興味・関心度の高さが異なります。自社のプロモーションの目的を明確にし、最も適したメニューを選定することが重要です。

インターネット広告に書かせないのがSEOです。
検索エンジンの検索結果画面には、検索エンジンが収集した情報を掲載するロボット検索結果(自然検索、オーガニック検索等:以下、「自然検索」と記載)とリスティング広告が表示されます。最近の流行はサテライトサイトをたくさん作って、自分で被リンクを作り出すというのが効果的と言われています。

インターネット広告の今後

先日のニュースでインターネット広告が新聞の広告を
追い越した記事がありました。

もはやネットなしでの生活が考えられない現在、さらなる
インターネット広告が伸びると考えられます。

ただし、これは広告全体のパイの広がるのではなく、テレビ
や新聞の広告枠がインターネット広告へシフトしたもの
だと考えます。

現在の景気を考えると、インターネットが他のメディアを
牽引した広告量の拡大が望ましいが、昨今の未曾有の
大不況のなかでは難しいものがあるのでしょう。

とはいえ、何らかの手立てを考えないことには、インター
ネットと言えども広告枠は尻すぼみになる危険性は高い
と言えます。

こういう現状に対して、新たなインターネット広告として
考えているのが、個人の広告をスライドショー的に流す
というサービスです。しかも30秒程度でポータルサイト
などで常時流れるものです。経済番組などでテレビの
画面の下に流れる株価情報みたいなものです。ずっと
流れるわけですから多くの方から広告が必要になりま
す。

個人で広告を出すのは、かなりの出費がかさみますので
100円単位で流せるといいですね。ただし、お金を出せるところは動画なども流せるとさらにより良いものになると思い
ます。

インターネット広告の広告用語

インターネットは民間が主導して発達したデファクトスタンダード文化なので、用語は標準化が行われる以前の商標権の内側にあるものが多い。その点で一般的な概念に当てはめて説明するのは難しいところがあるが、それでもいくつかある。
インターネット広告の用語で一番効果があって注目されたものにターゲット広告というものがある。新聞やテレビといったメディアは、相手を一般開始して商品のよさを表示しなくてはならない。ドラマを見ていたらシャンプーなどの女性用製品とか、オリンピックなどを見ていると自動車やビールの宣伝などといったぐらいにしかターゲットできない。
しかしネットの場合、更に10倍か20倍くらいの細分化ができ、その分類から効果的な広告を打つことができる。
ターゲット広告は、リンクのクリック具合[インプレッションという]から、ユーザーの興味の具合を知ることができ、一般的な購入率とサイト訪問者を比べて、広告の効果を他のメディアよりも詳しく知ることが出来るというおもしろさもある。
まだ始まったばかりだが、戦略を練って、製品とユーザーのマッチングを進めてほしい。

インターネット広告の専門用語

インターネット広告は専門用語が多いですよね。
慣れないと難しいと感じるかもしれませんが、勉強していけば大丈夫です。

まずはじめに本屋などでインターネット広告やシステムの専門書を買いました。数冊基礎的なもので構いません。私はこれで大半基礎は理解できました。

代表的な用語は

1、ドロップシッピング 商品を代行で個人のブログや、Hpで紹介して貰い、売上がでたら宣伝した人にマージン(手数料)を支払う仕組みです。紹介した人は在庫を抱えることなく手数料を得る事ができます。


2、SEO対策 インターネット上で自分のサイトのアクセスアップを狙うための対策です。ブログから紹介されるようなものやテキストリンクなどのインターネット広告を出すのも被リンクを受けることが出来るため、SEO対策の一環になります。

3、アフィリエイト インターネット広告を第三者を通じて紹介して貰います。ブログや口コミの力で広告を行います。売り手側、広告をだした側ともにメリットがあります。

ネット上では次々新しい用語が出てきますので、つねに調べていくことが必要ですよね

意外と知られていないインターネット広告用語

先日40歳ぐらいの女性の方と世間話をしていた時の事です。彼女は日頃からインターネットを利用しているという事で、次第に話題はインターネットに関することになりました。ブラウザは何をつかっているか、検索エンジンは何を使っているか等話していたのですが、私が「アフィリエイト」と言うとそこで会話が止まってしまいました。私の感覚では
インターネットユーザー=インターネット広告用語を知っている
と思っていたのですが、それは大きな間違いでした。しっている単語をドンドン聞いていったのですが、彼女はアフィリエイトもドロップショッピングも「初めて聞いた」と言いました。彼女にとってはアフィリエイト収益を目的としたサイトも単なる通販サイトという位置付けでした。私はアフィリエイト用のサイトをいくつか運営していますが、「これだけインターネット広告用語が広まれば今後の売り上げは厳しいものになるのではないか」と悩んでいたのですが、彼女との会話が終わってみれば将来的な明るい展望まで見えてくる始末です。このひと時は「ちょっと目線を変えて世代を飛び越えればガラっと世界観が変わる」という良い教訓になりました。

インターネット広告に欠かせない用語って?

こう見えてももう4月で数多くのブログ広告関係、その、他社のも入れてもう3年になるのですよ、私。
インターネット広告は今や、捜し出してでもライバルのを見たい!ってい人々も少なからずいるみたい。

だって、私が日常を書いたただのブログと宣伝ブログとじゃ、PV数が天地ほどの違い、タグかキーワードで探して見にやってくるんですね。

さて、そんなインターネット広告にどうしても必要な用語ってなんだろう?
まず、書く側についてスポットを当ててみます。

第一は「SEO対策」だと思います。(これは読む側にも言えますね)そう、検索エンジンにかけたとき、上位に来るためのテクニックです。
キーワードをなるべくタイトルの最初にもってこようかな?とか、いろいろ考えるんですよ。

次は「リングタグ」という言葉だと思います。HTMLに詳しくない人は「なにそれ?」となってしまいます。
キーワードにリンク先を貼りつけるためにあのフォームが用意されています、自分でタグを適当には書かないようにすることが大切です。

それから、「img src=""」というテキスト用語も覚えておいた方がいいですね。「ダウンロードしてアップしてください。」と言って、画像しか見せない会社もあります。
そのようなときは手動でアップするしかありません。

次に、広告を見る方に対しての用語です。
「ここにリンクを貼りました」という言葉です。その言葉には、主催者のサイトへ通じるリンクが貼ってありますから、クリックする価値がすごくあります。
最後に「Click」という言葉もです。ここをクリックして詳細を知ってください、という意味となります。

参考になりましたでしょうか?

インターネット広告用語にはどんなものがあるのか

いまや、インターネットも各家庭に普及して、インターネット広告の用語についても
広く浸透したと思うんですが、
ネットを使ってると、こういうのも、毎日のように目にします・・・
例えばどんなものがあるんでしょう?
Web(ウェブ)、ウェブページなんかはもっとも基本ですが、
ドメインとか、ページビュー、ページビュー数なんかもよく聞きますよね~
これはそのページが見られたことを意味するわけですが、
他にも、ユニークユーザーとか、ユニークユーザー数だったり・・・

バナー広告、これはみなさん貼ってますよね~
商品を売るためには、まずはここからです。
これは、アフィリエイトに使うわけですが、それをやってる人はアフィリエイター、
レベニューシェアなんかもよく聞きますよね。
これは、成功報酬型の一種で、売り上げに応じて利益を分配するっていうものですよね。

そうそう、PVなんていうのもよく聞きます。
これはPage View(ページ ビュー)のことで、ページの表示回数のことを言いますよね。
どのくらいそのページが見られるかによって、売り上げにも大きくかかわってきます。

インターネット広告をするなら。

私もブログを始めてから、3年になりました。
最初は、なにかあると右往左往をして、記事を更新するのも大変でした。
説明を読んでみても、わからない言葉ばかりあり、何を言っているのかわからず、何事にも意味もなく時間がかかったものです。
私も一応アフェリエイトに参加していまして、インターネット広告のバナーなどを掲載しています。
インターネット広告をしていますと、これまたわからないインターネット広告用語というものが出てまいります。
インターネット広告をされている方で、始めからインターネット広告用語をご存知の方も少ないと思いますが、私のようにまりっきり知らないという方も少ないと思います。
インターネット広告をやっていますと突き当たる、インターネット広告用語、私はその都度ネットで調べているのですが、みなさまはどうなさっているのでしょうか。
やはりどこかで調べられているのでしょうか。
もっとやさしくわかりやすいものならよいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。