インターネット広告の広告用語

インターネットは民間が主導して発達したデファクトスタンダード文化なので、用語は標準化が行われる以前の商標権の内側にあるものが多い。その点で一般的な概念に当てはめて説明するのは難しいところがあるが、それでもいくつかある。
インターネット広告の用語で一番効果があって注目されたものにターゲット広告というものがある。新聞やテレビといったメディアは、相手を一般開始して商品のよさを表示しなくてはならない。ドラマを見ていたらシャンプーなどの女性用製品とか、オリンピックなどを見ていると自動車やビールの宣伝などといったぐらいにしかターゲットできない。
しかしネットの場合、更に10倍か20倍くらいの細分化ができ、その分類から効果的な広告を打つことができる。
ターゲット広告は、リンクのクリック具合[インプレッションという]から、ユーザーの興味の具合を知ることができ、一般的な購入率とサイト訪問者を比べて、広告の効果を他のメディアよりも詳しく知ることが出来るというおもしろさもある。
まだ始まったばかりだが、戦略を練って、製品とユーザーのマッチングを進めてほしい。

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年3月 6日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告の専門用語」です。

次のブログ記事は「インターネット広告の今後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。