インターネット広告に欠かせない用語って?

こう見えてももう4月で数多くのブログ広告関係、その、他社のも入れてもう3年になるのですよ、私。
インターネット広告は今や、捜し出してでもライバルのを見たい!ってい人々も少なからずいるみたい。

だって、私が日常を書いたただのブログと宣伝ブログとじゃ、PV数が天地ほどの違い、タグかキーワードで探して見にやってくるんですね。

さて、そんなインターネット広告にどうしても必要な用語ってなんだろう?
まず、書く側についてスポットを当ててみます。

第一は「SEO対策」だと思います。(これは読む側にも言えますね)そう、検索エンジンにかけたとき、上位に来るためのテクニックです。
キーワードをなるべくタイトルの最初にもってこようかな?とか、いろいろ考えるんですよ。

次は「リングタグ」という言葉だと思います。HTMLに詳しくない人は「なにそれ?」となってしまいます。
キーワードにリンク先を貼りつけるためにあのフォームが用意されています、自分でタグを適当には書かないようにすることが大切です。

それから、「img src=""」というテキスト用語も覚えておいた方がいいですね。「ダウンロードしてアップしてください。」と言って、画像しか見せない会社もあります。
そのようなときは手動でアップするしかありません。

次に、広告を見る方に対しての用語です。
「ここにリンクを貼りました」という言葉です。その言葉には、主催者のサイトへ通じるリンクが貼ってありますから、クリックする価値がすごくあります。
最後に「Click」という言葉もです。ここをクリックして詳細を知ってください、という意味となります。

参考になりましたでしょうか?

このブログ記事について

このページは、インターネット広告が2010年3月 3日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターネット広告用語にはどんなものがあるのか」です。

次のブログ記事は「意外と知られていないインターネット広告用語」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。