インターネット広告の広告用語

インターネットは民間が主導して発達したデファクトスタンダード文化なので、用語は標準化が行われる以前の商標権の内側にあるものが多い。その点で一般的な概念に当てはめて説明するのは難しいところがあるが、それでもいくつかある。
インターネット広告の用語で一番効果があって注目されたものにターゲット広告というものがある。新聞やテレビといったメディアは、相手を一般開始して商品のよさを表示しなくてはならない。ドラマを見ていたらシャンプーなどの女性用製品とか、オリンピックなどを見ていると自動車やビールの宣伝などといったぐらいにしかターゲットできない。
しかしネットの場合、更に10倍か20倍くらいの細分化ができ、その分類から効果的な広告を打つことができる。
ターゲット広告は、リンクのクリック具合[インプレッションという]から、ユーザーの興味の具合を知ることができ、一般的な購入率とサイト訪問者を比べて、広告の効果を他のメディアよりも詳しく知ることが出来るというおもしろさもある。
まだ始まったばかりだが、戦略を練って、製品とユーザーのマッチングを進めてほしい。

インターネット広告の専門用語

インターネット広告は専門用語が多いですよね。
慣れないと難しいと感じるかもしれませんが、勉強していけば大丈夫です。

まずはじめに本屋などでインターネット広告やシステムの専門書を買いました。数冊基礎的なもので構いません。私はこれで大半基礎は理解できました。

代表的な用語は

1、ドロップシッピング 商品を代行で個人のブログや、Hpで紹介して貰い、売上がでたら宣伝した人にマージン(手数料)を支払う仕組みです。紹介した人は在庫を抱えることなく手数料を得る事ができます。


2、SEO対策 インターネット上で自分のサイトのアクセスアップを狙うための対策です。ブログから紹介されるようなものやテキストリンクなどのインターネット広告を出すのも被リンクを受けることが出来るため、SEO対策の一環になります。

3、アフィリエイト インターネット広告を第三者を通じて紹介して貰います。ブログや口コミの力で広告を行います。売り手側、広告をだした側ともにメリットがあります。

ネット上では次々新しい用語が出てきますので、つねに調べていくことが必要ですよね

意外と知られていないインターネット広告用語

先日40歳ぐらいの女性の方と世間話をしていた時の事です。彼女は日頃からインターネットを利用しているという事で、次第に話題はインターネットに関することになりました。ブラウザは何をつかっているか、検索エンジンは何を使っているか等話していたのですが、私が「アフィリエイト」と言うとそこで会話が止まってしまいました。私の感覚では
インターネットユーザー=インターネット広告用語を知っている
と思っていたのですが、それは大きな間違いでした。しっている単語をドンドン聞いていったのですが、彼女はアフィリエイトもドロップショッピングも「初めて聞いた」と言いました。彼女にとってはアフィリエイト収益を目的としたサイトも単なる通販サイトという位置付けでした。私はアフィリエイト用のサイトをいくつか運営していますが、「これだけインターネット広告用語が広まれば今後の売り上げは厳しいものになるのではないか」と悩んでいたのですが、彼女との会話が終わってみれば将来的な明るい展望まで見えてくる始末です。このひと時は「ちょっと目線を変えて世代を飛び越えればガラっと世界観が変わる」という良い教訓になりました。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8