インターネット広告について

こんばんは、今日は「インターネット広告」について、色々と書いていきたいと思います。
皆さんは、インターネット広告と聞くと、どんなものを想像しますか?これは、個々で違ってくるとは思うんですが、一般的なものだとしたらバナーとかが多いんじゃないでしょうか?インターネット広告といっても、本当に色々なものがありますし、テキストからバナーやGIFのアニメーションのものなど様々ですよねぇ~。通常の広告と同じといえば、やっぱりその広告によってアピールの仕方があるということですよねぇ~!思わずサイトを覗いてみたくなる広告なども、本当に多数あるので考えてる人は凄いなぁ~っていつも思うんですよねぇ~。特にバナーなどの場合は、あの空間で表現しないといけないですし、とっても難しいことだとは思うんですよねぇ~。アピールだけじゃなくて、商品のわかりやすさやどういったお店なのかなども、しっかりと掲載していかないといけないですもんね^^

インターネット広告というの今までの広告と違います

インターネットの出現によって、さまざまなところが変わってきたともいます。
ライフスタイルが大きく変わってきていますね。
たとえば、本を本屋さんで買わない人が増えているようで、昨年は本屋さんが7割に減ったそうです。
これって、インターネットの影響ですね。
その影響はもちろん広告にも出ています。
インターネット広告は、既存の広告と違うのです。
その大きな違いが、「費用対効果」がはっきりと見えると言うことです。
「費用対効果」というのは、広告費として投資した金額に対して、どのくらいの売上がたっているかというものです。
簡単に言うと、100円の広告で、1000円売り上げたら、費用対効果は1000%で、10円の売上なら10%です。
インターネット広告用語で「リスティング広告」というのがあります。
これは、検索エンジン上で検索されるキーワードを購入するという広告です。
その購入したキーワードが検索されると、広告が表示されます。
そして、表示された広告がクリックされると課金されます。
つまり表示だけなら無料なのです。
だから、クリックされた回数に対して、どれだけ、売り上げたかを取れるようにしておけば、費用対効果が見え、広告効果を測定できるようになるんですね。

インターネット広告の用語について

インターネット広告においていろいろな専門用語が使われています。はじめて聞く人ならなんのことかさっぱりわかりません。インターネットの世界ではほとんど場合が英語や記号で表現されることが多く、日本語による用語はほとんどないと言っていいと思います。そんなインターネット広告用語でよく聞いたことがあるのは「アフィリエイト」という言葉です。よくいろいろなサイトで、サイトの趣旨とは関係なくいろいろな広告を見かけます。車や美容、サプリ、健康食品、スポーツ用品、保険、スイーツなどなどありとあらゆるものが広告になっています。その広告をクリックすると、運営会社や販売サイトへリンクして、そこから品物を購入したりサービスを申し込んだ時に、広告を貼っているサイトの運営者にマージンが入る仕組みです。今ではほとんどのサイトが利用していて、インターネット業界のお金の流れの主流になっています。ブログや個人サイトやメールなどにも広告を貼ることができるので、いつか自分もアフィリエイトで稼げるようになればいいと思っていますが現実は難しいです。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8