インターネット広告の用語って知ってますか?

インターネット広告といえば、様々な用語がありますよね。例えばインターネット広告用語として、いろんな種類を表す用語があります。 例えばアフィリエイト広告やクリック保証型広告など、いろんな呼び方があるんです。インターネット広告の用語は、それを聞いただけではどんな広告なのか分からないものもあります。例えばターゲティングメール広告なんかは、どういう意味なんだろうって思いますよね。これは年齢、性別など、複数の属性を絞り込んで配信できるメール広告なんです。言われてみれば納得ですが、用語だけではわかりにくかったりします。しかしバナー広告なんかは、ネットをやっている人ならすぐに分かりますよね。どこにでもバナー広告はあるので、ついクリックしてしまったという人も多いと思います。アフィリエイト広告なんかは、知っている人と知らない人の差が激しいですよね。知っている人はクリックしない人も多いかもしれませんが、知らない人はバナー広告と同じようなものなので、知らずにクリックしてしまう人も多いと思います。

インターネット広告の、用語の面白さ。

インターネット広告って、実に様々な用語があって面白いですよね。例えばアフィリエイト広告は有名ですが、知らないっていう人も多いと思います。でもネットをやっている全員がアフィリエイト広告という言葉を知っていたら、すごく困りますよね。ただのリンクやバナーだと思ってもらわないと、クリックしてもらえない場合も多いですからね、アフィリエイト広告だという言葉が分からない方が、アフィリエイターにとってはありがたいんです。逆にバナー広告なんかは、誰でも知っているインターネット広告だと思います。これは多くの人に、インターネット広告だということが分かると思います。アフィリエイト広告とバナー広告の違いは、知っている人と知らない人の差が激しいことだと思います。そして最近はリッチメディア広告という、新しい用語も見受けられます。これはテキストや静止画だけでなく、動画や音声などデータ量の多い技術を利用したインターネット広告なんです。豊かな表現ができるので、すごくうまいネーミングだなって思いますね。

インターネット広告の用語をいくつか紹介します。

インターネット広告の用語をいくつか紹介したいと思います。
アクセス解析は、ご存知の方も多いと思います。実際にご利用になっている方もいるのではないでしょうか。アクセスログともいい、WEBサイトへの訪問者の軌跡を記録したものです。訪問者の嗜好や行動を解析することでマーケティングに活用します。
アクセシビリティとは、そのWEBサイトの受け入れやすさのことをいい、インターネット上で閲覧できるものに対して、どの位利用が可能かを表す指標です。
またユーザビリティは、WEBサイトにおける使い安さをのことをいいます。
使用している時のストレスや使いづらさを感じさせない、優れたユーザビリティが必要となります。
ターゲティングメールというのは、事前に広告を配信することを了承したユーザーに対し配信するメールです。
オプトインメールは、事前に希望する情報のカテゴリーのメールを受け取ることを許諾したユーザーに対して配信するメールで、前のターゲティングメールとは区別することが多いそうです。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8